ファゴが考えるメイクの可能性

サロンメイクの可能性を追求

サロンでのメイクアップももっと進化してけたらとファゴは考えています。

 

お客様にサロンでご提供するメイクアップは「お祝い事」でのご依頼をお受けできることももちろんですが、ファゴでは今後はサロンメイクの新しい可能性にも挑戦していきたいと考えています。

今の美容室のほとんどが、サロンでのメイクは結婚式や成人式などのイベントの時しか活躍できる場面がありませんが、ファゴではアシスタントの時から、「タッチアップ」というシャンプーやカラーなどで崩れたメイクをお直しすることを行ってきました。

これからはお客様一人一人の普段のメイクをもっと素敵になっていただくためのプロの視点からみたパーソナルなメイクをサロンのお客様にご提供していくことを考えています。

 

サロンに就職すると「シャンプー」「ヘアカラー」「パーマ」等の技術を学んでいくと思います。でも就学中に「メイクが好き!」と感じていた気持ちは大事にしたいもの。

創作する意欲は常に持っていたいですよね?

 

 だからこそファゴでは入社1年目からメイクのトレーニングも受けることが出来ます。

 

メイクは撮影の現場だけではなく、クリエイティブコンテストやウェディングの仕事へも関わるチャンスが持てます。

 

今現在3名のスタッフが受講しており、彼らが撮影やクリエイションを得意とするチームが出来るように1年間頑張っています。

 

将来的にはメイクとヘアセット(スタイリング)が主体のメニューも開発し、ファゴメイクアカデミーを受講し、スタイリストデビューをする前でも、多くのお客様に指示していただけるような育成をし、早い段階で「美容師としてのやりがい」を実感出来るようにしていきます。

お客様に寄り添うということ

 

メイクが出来るようになることで仕事の幅が広がることはもちろんですが、ファゴの理念でもある「自分だけでなく周囲の関わるすべての方を幸せにする」ことにもつながります。

 

卒業式、成人式、結婚式などのイベントでお客様のライフスタイルの中にも寄り添わせていただける。

 

お客様は髪の毛と同様にお肌の悩みも持っている。それもスキンケアの知識やテクニックで解消してあげることも出来る。

 

*2017年度メイクトレーニング

写真:小手指店アシスタントFUTO

(クレンジング〜スキンケア実習中)

クリエイティブな活動

クリエイション

 

ファゴではフランスでのコレクション撮影を基本に行っています。トレンドや状況では日本で撮影することもあります。

撮影をする上でも「ヘア」「メイク」「ファッション」のバランスが取れていないと決して納得いく作品には仕上がりません。

ですので、メイクを学ぶことによって、トータルバランスを見極める力も付きます。

時にはオーディションを行い、優秀な作品に選ばれたスタッフが撮影の為に渡仏出来る可能性もあります。

 

*2014年度の作品:フランスにてロケ。HAIR/SHIN MAKE/MIZUKI

(メイク社内オーディションによって選出)

美容師としてのスキルアップ

 

ファゴでは「優しい髪の扱い方」「道具を丁寧に扱う」「綺麗な環境で仕事をする」ことを美容の基本としています。

髪の毛よりもデリケートな「お肌」に触れるということがどのようなことなのか、まずはそこからスタートしていきます。

メイクができるようになってくると自ずと「優しい髪の扱い方」「道具を丁寧に扱う」ことが出来てきます。

 

 

 

 

 

 

 

2015年度ゴールドウェルフォトコンテスト

若手スタイリスト部門「第3位」受賞

 

所沢店スタイリスト MIZUKI


所沢美容室・美容室求人・サロン求人・美容学生・新卒募集・有期実習・厚生労働大臣認定コース・フランス